計画性をもつこと

多様な業種がひしめく医歯薬の業界において、職場によっては連日のように残業を強いられることが考えられます。
人によっては、
「いくら好きで入った医歯薬の仕事であっても、こんなに残業をすることになるなんて思ってもみなかったよ、ずっと残業が続くようならばいっそのこと辞めてしまおうか」
という諦めの気持ちへとなっていくことがうかがえてくるのです。
残業とは基本的に定時までに消化しきれなかった仕事の穴埋めをするための処置です。
そのため残業をすることになった方の心境として、
「あいつがモタモタやっているから仕事全体が遅れてしまったんじゃないか、あいつのせいで残業をする羽目になったんじゃないか!」
という怒りをあらわにしてしまうことがあるのではないでしょうか。
企業によっては残業のしない日を設けるなどして、残業をする際の精神的な負荷を軽減していく取り組みがなされているます。
仮に、週一のみでも残業なしの日があったのならば、その日を見計らって予定を立てやすくなり、家庭を持っている方は家族サービスをしやすくなるといった利点が生まれてくるのです。
いくらお金になるとはいっても、残業を敬遠する人は少なくないでしょう。
「残業さえしなかったら今頃は自分の好きなことに時間を割けるのに」という気持ちを抱く方の切実な想いが聞こえてきそうです。
医歯薬の業界で働く方においても、なるべく残業をしなくて済むようにひとつの作業に割く時間配分を決めるなど、計画性をもって業務を行うことが大切なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です