医者の健康

医者は過酷な勤務です。
月の残業時間が60時間を越える人も多いなど、医者は劣悪な労働環境の下働いています。
厚生労働省の定める過労死認定基準の目安を越える残業をしている人も多いのが現状です。
なぜ、ここまで医者の労働環境は劣悪なのでしょうか。
現在は医者不足が深刻となっています。
一人の医師にかかる負担が大きすぎるため、必然的に医者の労働時間が増えるのです。
医者の労働時間が増えてくると睡眠不足や疲労の蓄積で医療ミスが起きやすくなります。
また、そのような劣悪な環境では医者が過労死してしまいます。
人々の健康を守るはずの医者が自分の健康を守れなくなっているのです。
医者の健康を守らなくては医療が成り立たなくなってしまうでしょう。
診察してもらう医者が疲れきっていたらどう思うでしょうか。
誰もそんな医者に診てもらいたくはありません。医者は健康でなくてはいけないのです。
不健康な医者を放っておいてはいけません。
医者の数を増やすと一人当たりの負担が減るかもしれませんが、ただたんに医者の数を増やせばいいものではありません。
未熟な医者を増やしてもかえって他の医者の負担が増えてしまいます。
どれだけ優秀な医者を多く育てるのかが問題となります。
医者の育成方法の確立が必要となってくるでしょう。
そして、臨床する機会も必要になります。
医者の過労死を無くして、労働環境を改善する方法があっても、実行するための有効な手段がありません。
ですが、今後はこの問題と向き合っていかなくてはならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です